転職希望者必見!後悔しないために知っておくべきの転職のポイント

転職前に確認すべきこと

転職活動に入る際に気になることが多々ありますが、その中から企業・採用側の学歴のとらえ方と求人広告に潜む豆知識です。 独自の視点からの考察ですが、学歴と転職先の関係と求人広告からの転職情報を考えていきます。 世間の一般常識とは違う部分もありますが、一見の価値ありです。

面接に合格するには

転職で最重要ポイントとなる面接、ココを通過するための豆知識。 まずは、面接は落ちるものと心得て数多く受けること。 その中で得ること、合格に繋がる道を解説します。 簡単にはいかないことを初めに知ることからはじまり、自分の望みの企業への合格を目指しましょう。

面接に繋がる履歴書&経歴書と最後の手

採用担当者に「これは!」といわせる履歴書・経歴書の書き方と提出方法、不採用時のあきらめない対処の仕方の豆知識。 今までの常識を突き破る自分のアピールの仕方を伝授して合格の道を探ります。 不採用時の最後の最後、これでもかと言う必殺技もお伝えします。

学歴と求人広告

転職に際し最初に考えておくべきことは、何のために転職をするのか?を確認することです。

転職は自分の理想をかなえる手段として捉えて、なりたい自分を明確にしておくとよりよい転職が可能となります。
今の職場が辛いから、上司が気にくわないから、等の理由だけでは転職してからも同じ結果になってしまいます。
スキルであれ、給与であれ自己実現のためのポジティブな目的を達成するための手段として転職を考えて下さい。

次に、退職後のスケジュールの件です。
転職先が決まってから退職する場合と退職してから転職先を探す場合とは大きくちがってきます、それぞれのメリットとデメリットがあるので確認しておきましょう。
転職先が決まってから退職する場合は収入を確保し、ブランク無しに有利に転職ができます。
ただし、仕事を続けながらの転職活動になるので希望企業探し・面接の調整などで時間的な負担が加わります。
退職後の転職活動に比べて、それを克服する強い意志が求められます。

それに対して退職後に転職活動を始められる方は、時間的な余裕があるので転職活動に専念でき、なおかつスキルアップ・資格取得の時間が持てることがメリットになります。
ただしこの場合、収入が途絶えるデメリットが発生します。
失業保険受給までの生活費、健康保険・年金手続き等、生活を維持する方法を確保してからの退職をお薦めします。
これを怠り退職後に経済的に困窮すると、その困窮を解消するためのとりあえずの就職となり、自分の望む会社とはちがう会社への転職となってしまいます。
これでは、何のために転職をしたのか意味がなくなってしまいます。
生活手段の確保は必須です。