転職希望者必見!後悔しないために知っておくべきの転職のポイント

転職前に確認すべきこと

学歴の捉え方

中卒、高卒、大卒。

企業は「協調性の高さ」として大卒、高卒、中卒として学歴を捉えています。
規律と秩序の中に身を置いた年数が長いほど協調性が高くなると想定しているからです。
「協調性=素直で真面目に頑張れる人間」として位置づけているので、専門職以外の企業ピラミッド型の大企業全般ではこの順番で学歴が問われます。
日本の労働者の大半がサラリーマンであり、企業もそれを求めており、日本の教育自体も協調性の高い人間の育成であり、和よりも個の育成になっていない現状があります。

それに対し専門職は学歴を問われない場合も有ります。
より難しい資格・スキルを持っている方が学歴より有利に働くことがあります。
また、営業職も学歴=協調性よりも個性が重視される場合もあります。
自分の求める職種により捉え方が違うことを考えておきましょう。

求人広告の裏を読む

まずは、求人広告が掲載されるメディアによる職種の違いからです。
新聞・雑紙・求人誌・求人サイト
この左からの順番で幅広い層にアプローチしており、比較的易しい仕事と考えることができます。
逆に右からは、限定した層にアプローチしており、多少専門性が必要になる仕事となります。

求人広告の個別の例としては、交通手段の掲載無しに住所表記のみの場合は、地図アプリ等を使いこなせるスキルを持った人を募集しています。
交通費支給無しの求人広告は、勤務先近隣の住民を募集し、近いことでの長期勤務を想定しています。
特異な例としては大手検索サイトが、国道に(eの値で最初に出てくる10桁の素数).comという1行の看板を出し、答えを検索するとまた別の数学問題があり、それを解くと求人広告にたどり着く仕掛けで、好奇心旺盛で優秀なプログラマーを募集した例があります。
求人広告無しの企業は、それでも募集する熱意を求めている例もあります。