転職希望者必見!後悔しないために知っておくべきの転職のポイント

面接に合格するには

面接は落ちて当たり前の心がけ

面接は受けた数でスキルがどんどん上がります。

面接で落ちるパターンは、採用企業に取り情報が少ない面接です。
「しゃべらない・アピールポイントがない・履歴書・経歴書に印象的なことが書かれていない」等、その人の情報が少ない、少ないからその人が解らない、解らないから採用しないとなります。
当然、合格するにはその逆で、自分がどんな人間なのか、どんな人生を歩んできたのかを説明できて、面接官が聞かなくても「自己PRしても宜しいですか?」とアピール出きる力が必要です。
この力を養うのが面接を受けた数になります。

面接を数多く受けることにより、まずは場慣れします、落ち着いて自分の力を発揮できるようになります。
また、面接の中で自分のどこが企業にとり受ける点でどこが受けない点かが解るようになります。
面接を数多くこなして、自分を十二分にアピール出きる力を付けることが大切です。

面接は10社単位で

超有名企業は、採用倍率1000倍も当たり前です。
合格のためには、数をこなして自分の市場価値を知ることから始まります。

また、面接を受ける会社数は10社単位にする事で自分を知ることに繋がります。
希望人気企業2社、自分に相応企業6社、滑り止め2社として面接を受け、どこに受かってどこに落ちたかで自分のレベルがわかり、自分が採用された点、されなかった点を知ることができます。
これを繰り返すことにより、自分をより深く知ることになり、面接のスキルも上がります。
もちろん採用される確率も上がります、数多く面接を受けるということは野球の打数が増えるのと同じで受かる確率は高くなります。
希望人気企業にもラッキーな合格があるかもしれません、不合格で家で悩むより、ノルマ100社として動くことが転職成功への道です。