転職希望者必見!後悔しないために知っておくべきの転職のポイント

面接に繋がる履歴書&経歴書と最後の手

こんな履歴書が届いたら絶対面接する!

通常の履歴書・経歴書の内容はだいたい同じでその差は微差でしか有りません、採用担当者にとっては情報が少なく、人柄までは解りません。
1回の応募で100名以上の履歴書をみる採用担当者の気持ちになって考えれば、解りやすく、目立つことが大切だと気づくはずです。

そこで、「こんな履歴書が届いたら絶対面接する!」方法をお伝えします、それは。
「通常の履歴書プラス、自分の言葉で熱意を伝える手紙プラス、写真5枚を送る。」
方法です。
第一に、手紙と写真を添付することにより、目立ちます。
第二に、手紙と写真による採用担当者に与える情報量の増加です。
自分の言葉による手紙と自分の生活感を伝える写真により人柄までも伝えることが可能になります。
採用担当者によってはこの方法を嫌う方もいるかもしれませんが、書類審査は万人受けより、目立つことで書類審査の通過率が上ります。

不採用でもあきらめない

不採用通知を受け取ってもそこであきらめない心を持ちましょう。

次回の求人に再度応募することで他の応募者より目立って熱意を表す方法もありますし、もっと積極的に社長宛に手紙を書くという手段もあります。

どれだけ採用してほしいと思っているのか、自分が会社にとってどれだけメリットのある人間なのか、を採用担当者ではなく直接社長宛に熱意のある手紙を書くという方法です。
会社の社長は自分の会社に熱意を持ってくれる人間を求めています、採用試験に落ちても手紙を書くほどの熱意に心を動かされる可能性は0%では有りません、トライしてみる価値は十二分にあります。

転職は人生の大切な岐路になります、自分の目標、夢を叶えるためには努力を惜しまず、あきらめずに行動することが大事です。
不採用通知をもらったからと言って落ち込み何も行動しないより、1%の可能性を求めて行動しましょう。